法人設立サービス内容

法人設立サービスについてご説明いたします。

■法人化が必要な場面 

そろそろ個人事業を会社組織にしたい。新しいビジネスモデルをおもいついたので起業したい。など会社を作りたい場合にご利用いただくサービスです。

会社をつくるには、

1 定款を作成し公証人役場で認証してもらう

2 法務局に設立登記の申請をする

という大きく分けて2つの手続があります。

 

法人化のメリット

・社会的(対外的)信用が上がる

・銀行からの融資を受けやすくなる

・節税のため

 

 

法人化のデメリット

・登記簿謄本により会社の概要が広く一般に公開される

・一度つくると清算が面倒

・役員が変更した場合など、一定の変更が生じた場合に登記する必要がある。

・帳簿をしっかり付ける必要がある

 

 

→法人設立サービスの流れはこちら

サービスの特長

■サービスの特長

@起業の決意時点から設立後の許認可までしっかりフルサポート

起業前に申請する必要がある助成金の案内

許認可が関係する場合は定款の目的の文言に注意する必要がありますが、許認可のプロである行政書士がつくる定款なので安心です。

A電子定款により印紙代4万円がお得

現在はどこでも当たり前のサービスですが、電子定款対応ですので印紙代の4万円がお得です。

B多彩なネットワークにより様々な角度からサポートいたします。

税理士、司法書士、弁護士
裁判に強い司法書士、など特長がある人間ばかりです。

設立後のサービスも充実しております。

Cお客様は基本的にハンコを押すだけ

提出にお客様が同行する必要はございません。提出代行も基本料金に含まれております。

また、書類収集なども代行いたしますので、お客様にやっていだだくことは基本的には我々の作成した書類にハンコを押すだけです。代行可能な部分は全て代行するのが「行政書士つばさ綜合事務所」のスタイルです。

(登記の書類は司法書士が面談に同席し代理申請いたします。)

 

ご相談はこちらへ

『こんなこと聞いてもいいのかな・・』
『ちょっとした疑問があるのだけれども・・』等でお悩みの方は

今すぐ下記まで 

『ホームページ見たよ』とお気軽に無料相談をご利用ください。

無料相談電話番号:03-6265-9162
電話相談受付時間:【平日9時から18時まで】


※メールによる無料相談は24時間受付中です。