経営業務の管理責任者とは

■経営業務の管理責任者とは

経営業務の管理責任者とは、営業取引上、対外的に責任を有する地位にある者で建設業の経営業務について総合的に管理した経験を融資、その経験が許可を受けようとする工事業種で5年以上、(他業種では7年以上)ある者のことです。

具体的にどんな経験をした人があたるのか?

@法人の役員としての経験→取締役・代表取締役等(監査役はNG)

A個人事業主としての経験

B建設業許可を受けている会社における営業所の所長(令3条の使用人)

C支配人(商業登記されている場合に限る)

さらに、この経験がある人が

個人事業主→本人

法人→常勤の役員(取締役)

でなければならないのです。

では個人事業を起業して3年営業した後に法人化して2年経過した場合はどうか?

同一業種の工事の経験がある場合はOKです。

つまり個人であろうと法人であろうと同一業種でそれぞれの期間を合計して5年以上あればOKです。

経営業務の管理責任者と事業承継

■事業承継と経営業務管理責任者

経営業務の管理責任者は中小企業の多くの場合、法人の代表取締役がなっております。

ここで、事業承継をお考えであれば、譲りたい方(例えば息子さん)を法人の役員(取締役)として登記しておくことを強くおすすめします。

(登記してから5年以上が経過していることが前提ですが)こうしておくことで代表取締役に万が一のことがあってもスムーズに事業承継が可能です。

ご相談はこちらへ

『こんなこと聞いてもいいのかな・・』
『ちょっとした疑問があるのだけれども・・』等でお悩みの方は

今すぐ下記まで 

『ホームページ見たよ』とお気軽に無料相談をご利用ください。

無料相談電話番号:03-6265-9162
電話相談受付時間:【平日9時から18時まで】


※メールによる無料相談は24時間受付中です。